口腔内スキャナーの日本での普及率は、202012月現在、9,1%です。粘土みたいな物で、歯型を採られるより、快適で早い、感染のリスクも少ない、場所も手間も取らない、そして精度は、明らかに優れています。当医院には、iTero elementがあります。それを使って、先日、作製したジルコニアセラミックで検証してみましょう!

これがiTero elementです。世界で最も精密な口腔内スキャナーの一つです。従来の歯型ですと、セットアップに10分、口の中で硬化するまで2~3分、我慢しなければなりません。失敗したら、また最初からおこないます。

下は、従来の歯型の写真です。

口腔内スキャナーなら、楽々採れます。しかも不備があっても、修正も手軽にできます。

これがスキャンデータです。

キャンしたデータは、icloud上にアップされ、パートナーシップを結んでいる技工士さんが、それをダウンロードします。つまり、送料も、収納場所も、time lagもありません。

そして、丹精込めて作製したジルコニアセラミックが、こちらです。美しい輝きを放ってます。

それを丁寧に口腔内に装着します。変色していた前歯が、こんなに綺麗に蘇りました。

『デジタル診療は患者様を幸福にします!』

ヒロデンタルクリニック